読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rails3でRspecを使う方法

Rails3 Haml Rspec

Haml、Sassを使えるようになったので今度はRspecを使えるようにします。

インストール

Rails3ではデフォルトでTest::Unit用のディレクトリやファイルが生成されるのですが、これは不要なのでプロジェクト作成時にTest::Unitを使わないようにします。

$ rails new rails3_rspec -T #-TでSkip Test::Unit

次にGemfileに必要なgemを記述します。
※同時にHaml、Sassを使う方法については以前の記事を参照のこと
Rails3とRuby1.9.2でHamlを使う方法
Rails3でSassを使う方法

gem 'haml-rails'

group :development, :test do
  gem 'rspec-rails', '>= 2.0.0.beta.20'
  gem 'autotest'
  gem 'webrat'
end

Gemfileができたらインストール

$ bundle install vendor/bundle
$ rails generate rspec:install

動作確認

動作確認のためにscaffoldで一通りのファイルを生成してテストを実行

$ rails generate scaffold sample
$ rake db:migrate
$ rake db:test:prepare #テスト用DBを作成
$ rake spec
...............**............
(省略)
29 examples, 0 failures, 2 pending

こんな感じでRspecが使えるようになります。
また、autotestを使うとファイルに変更があったときに自動でテストが走るようになります。

$ bundle exec autotest